食品加工
卸売·小売業
環境
電子部品*電子機器
ケミカル・プラスチック
制御機器・産業機器
自動車・物流
エネルギー
医療
化粧品・トイレタリー
自動車・輸送
主な事業内容 > 業界分析レポート

業界分析レポート

Industry Analysis Report

中国における外食産業の全貌  2014

~益々国際化 多様化する中国外食産業の市場構造を新業態店などを中心に徹底探索する~

中国経済のGDP2012年には7%台となり、2013年度は7.6%と予測されているが、内需拡大は順調に推移しており、特に都市人口や中堅所得者層以上の人口も増加しつつある為、外食産業市場は更に業態構造を多様化させつつ成長を続けている。マグドナルド、ケンタッキーフライドチキン、スターバックスなどの中国における既存大手ファーストフードチェーンは面的な拡大を遂げる一方、ここに来て出店速度が鈍化しつつある。この要因は中国系FF(真功夫やDicos、郷村基など)の追い上げ作戦にある。欧米系大手は中国風メニューの追加などで対抗手段を講じているが必ずしも成功していない。また一方、スターバックスに対抗して5年後にスターバックスの目標と同じ1,500店まで一挙に増やすとする韓国系のCafe Beneが上陸するなど新たな変化が生じている。こうした状況に加え超大型都市中心にベーカリーチェーン、シアトル系コーヒーショップ、鉄板焼など新しい業態の店舗が更に増加して行く動きが見られる。

今回の調査では以上の最近の推移を踏まえ、注目業態における成長企業に重点を置いて調査を行うとともに、地方の動向もキャッチすることで中国における外食産業チェーンの全貌と将来性をあらゆる角度から分析し、貴社の中国ビジネス遂行上、有用なるデータ提供を行うことを目的といたします。